• 幼児
  • 算数
  • 国語
  • 保護者の声
  • 小学1~2年生
  • 小学3~4年生
  • 小学5~6年生

学年別の特長「1~2年生」【国語】

【1年生相当】ひらがな(文字)から具体物をイメージする力を養う

身近なものを対象に「名前を表す言葉」「動きを表す言葉」「様子を表す言葉」を学習します。ひらがな(文字)を見て、具体物と結びつける力を養う最初のステップです。
また、「くだもの」という上位語と「みかん」「ぶどう」などの下位語を整理しながら学習を進めることで、一つの言葉を確実に定着させていきます。
文字を手がかりに具体物をイメージする力は、詩や物語などの読解問題だけではなく、算数の文章題をはじめすべての教科の基礎となります。

K3「ものがたり」
【これがガウプリ!!】「しくみ」と「しかけ」

単なる抜き書きの問題ではありません。
答えは離れた箇所にあり、書かれている場面をイメージできて、初めて解くことができます。

「読み解く」ということは、「あてはまりそうな言葉を探す」作業とは違います。
イラストも参考にしながら、文章と場面を結びつけていく。
これが、ガウプリの「できる!」ポイント。

【うちの子は大丈夫…?】重要単元つまずきチェック

1年生つまずきポイント:ひらがな・カタカナ
つまずきポイント
  • 読書があまり好きではない
  • 読み聞かせのときに、目が文字よりも絵に向いている(文字への関心が薄い)
原因 原因イメージ
  • ひらがな
  • 文字を構成する「点・画」に着目できていない
  • 五十音表を使った読み書きばかりしている
  • カタカナ
  • 小学校では、漢字とともに言葉が出てきたときに表記を学ぶため、学習時間がひらがなに比べて短い

ガウディアならデキル!!イメージプリント 最初に具体物(絵)と対応させながら文字と言葉を学習していきます。
そのうえで見写し書き、なぞり書きのページを豊富に準備しました。
読むことから書くことへのステップで、しっかりと語彙を獲得します。

【2年生相当】低学年のうちから文の基本構造を学習し、読解力の基礎を養う

一文、さらには短文を読み、それぞれの文の基本構造(主語・述語)を確認します。文法学習は、低学年の教科書ではあまり扱われていませんが、読解力を育むうえで欠かせない要素です。

さらにガウディアでは、文法の知識を長文読解に活かします。
たとえば、「だれが─どうした」に着目し、物語にえがかれた場面の様子や展開を正確に読み取る力を育みます。

K4「主語と述語・物語」
【これがガウプリ!!】「しくみ」と「しかけ」

主語ってなんだっけ?
問題を解きながら頭の中に浮かぶ子どもたちの疑問に答えてくれるのがキャラクターコメント。
まるで会話を楽しむかのように学習を進めていくことができます。

自分で考えるきっかけがあるので、
「一人で理解して解き進めるための力」が身についていきます。
これが、ガウプリの「できる!」ポイント。

【うちの子は大丈夫…?】重要単元つまずきチェック

2年生つまずきポイント:主語と述語
つまずきポイント
  • 「お母さん、トイレ」(お母さんがトイレ?)のように、主語のない会話が多い
  • 文章を読み取る力が弱い
  • 文を書くと、書きたいことを一つの文に入れようとして長くなる
原因 原因イメージ
  • 主語を意識しない会話に慣れている
  • 教科書では1年間を通して2ページくらいの分量しか学習しない

ガウディアならデキル!!イメージプリント 約180ページ(1ヵ月半以上のボリュームです!)を使って徹底的に主語と述語の役割を学習し、長文読解に活かす構成になっています。
読解や作文にしっかりと「使える力」を育みます。

幼児 年少 年中 年長 小学生【算数】 1~2年生 3~4年生 5~6年生 小学生【国語】 1~2年生 3~4年生 5~6年生
ガウディアのたのしいえいご~おうちでカンタンにえいごとなかよく!~
お近くの教室を探す お問合せ・無料体験お申込み

電話でのお問合せ

フリーダイヤル 0120-528-728 受付時間:平日10:00~19:00 お問合せ・お申込みフォームはこちら
ガウディアが1分でわかる動画 ガウディア公式Facebookページ