ガウディアの3年生クラス

接続語や段落の学習を通して長文を読み深める

ガウディアの国語は、今の子どもたちの大きな課題となっている読解力をしっかりとつけるということに注力した教材になっているます。 小3では、教科書でも多く扱われている部首などの漢字学習や、多義語などの語彙、文の構成を図で表す「文図」など、国語力の基礎・基本の習得を行いながら、読解力の学習に重点が置かれます。人物の気持ちの移り変わりや、場面の読み取り、段落のつながりなど、物語・説明文、どちらもしっかり扱いながら、読みを深めていきます。

保護者の声

小3・男の子

毎日机につく習慣が身につきました。難しい問題を解いてわかった時の達成感を味わえたことがよかったです。 すばらしい先生にもめぐりあえたので通って本当によかったと思っています。

図やイラスト、数直線などを 概念理解のためにフル活用

小3では、これからの学習の根本となる意味を理解することがテーマです。図やイラストと一緒に、計算の意味を理解しながら進めていくので、初めて見る文章題でも、場面をイメージして正しく式を立てることができるようになります。扱う数の桁数も多くなってきますが、位取り表や数直線などを活用しながら数の仕組みをしっかり理解していきます。

他の学齢をみる

幼児

幼児の生徒は「ひとりでできる」が指導のテーマです。
座席についたら、自分で筆記用具を出して学習を行い、終われば自分でお片付け。自学自習につながる姿勢を養います。

小学生

ガウディアの教材は、幼児・低学年でも自学自習できるように工夫されています。無学年方式となっており、どのお子さんも”ぴったり”のところから学習をスタートします。


株式会社ガウディア