• 0120528728
独自の自立指導型教室に最適な教材

強固な
事業体質の塾に

  • 幼児・小学生の教材&指導法をパッケージで入手可能
  • 幼児・小学生の囲い込み、集客力が向上
  • 安価な導入費用で、空き教室の有効活用が可能になります
  • 2020年の教育改革にもしっかり対応

ガウディアが塾に選ばれる理由

ガウディアは、幼児~小学生を対象とした学習教室です。
独自の自立指導型教室に最適な教材を使い、
幼児~小学生へ、これからに必要な学びを提供していきます。

皆さまご存じの通り、中学生や高校生の集客では、受験という目的に向かって中間・期末テストで学力を上げるという、明確な結果をお客さまに提示することができます。 反面、この明確な結果をなかなか提示できない幼児~小学生の集客では、受験をしない多くの子どもたちの集客に戸惑っている塾も多いのではないでしょうか。 ガウディアは、この 「幼児~小学生の非受験層の集客」という点で大きな強みを持っています。それは集客において必要な「お客様のニーズ」と「市場環境」を把握し、それにマッチした「集客戦術」を持っている、ということです。 ガウディアでは、社会や学校教育の変化をふまえ、時期的に必要な戦術(集客方法)を、加盟している塾の皆さまに順次、提供しています。そして、幅広いお客さまのニーズに応えられるよう、非受験層の集客はもちろん、将来、中学受験を希望している子どもたちにも対応できるよう教材と指導の幅を用意しています。
社会の変化とともに、子どもたちに求められる力は変わります。それが敏感に表れるのが入試問題です。大学入試、高校入試、中学入試、いずれを見ても、今までのような知識の詰め込みではなく、得た知識や経験を活用する力や、自分なりの考えを持ち、相手にわかりやすく伝える力といった、考える力の深さを問う問題が見られるようになりました。 考える力は、一朝一夕につくものではない。幼児や小学生といった考え方の土台を作る時期にどういう学習をするかが大切なのだ、ということを。そうして9年前に作られたのが学習教室ガウディアです。 将来、社会で役立つ力をつけるには、大学入試を通して高校生のときにはどんな力をつければよいか、高校入試を通して中学生では、小学生では、そして幼児ではどんな学習をすればよいのか。ガウディアによって、幼児から大学入学まで一貫して「社会に役立つ力」を育てる学習が可能となりました。
ガウディアの導入には、特別な設備はいりません。そのため、現在使用している教室をそのまま使うことが可能となり、直ぐに開室することができます。 たとえば、中学生の指導を行っている塾の場合は、中学生が来る前の時間を利用して幼児~小学生にガウディアを行い、空き教室の有効活用ができます。 また、ガウディアは自立型指導教室ですので、集団授業の授業スキルがない人材でも指導を行うことができ、指導者1名から教室の運営が可能です。(指導者の研修はガウディア本部が実施いたします) そして、なにより教材費が無料。教室運営に必要な資材とあわせて無料で提供いたします。 幼児・小学生の子どもたちが増えることは、売上アップはもちろん、中学生クラスの増員につながります。
ガウディアが子どもたちに身につけてほしいと思っている「使える力」とは「変化のはげしい、グローバル化が進展する社会で、幸福な人生を生きるための力」です。それは、知識、技能はもちろん、思考力、判断力、表現力の習得など、社会を主体的に生き抜くために必要な力のことで、2020年の学習指導要領で示された学校教育が目指す方向性と一致しています。ガウディアの教材は、この「使える力」が習得できるようにつくられています。 また、グローバル社会が進めば進むほど、問われるのは英語が話せることではなく、英語で何を伝えるか。その人自身の考え方や人間性が問われます。だからこそガウディアでは、考える力の土壌を作る幼児・小学生の時期は、すべての土台となる国語と算数に特化。国語は読解力、算数は思考力を重視したオリジナル教材を開発しました。 教材構成は、子どもたちが理解するプロセスを踏まえて作られており、無理なく自学自習で理解が深められるよう工夫されています。
2020年、学校教育は大きく変わります。グローバル社会、AIの開発等、目まぐるしく変わる社会の中で、求められるのは知識や技能を習得するだけではなく、得た知識や技能をもとに自分で考え、表現し、判断する力です。そうした能力を育てることが、教育改革の目的となっています。 ガウディアは、なぜそうなるのか、物事の仕組みを根本から理解していく姿勢や、わからないことにぶつかったとき、まず自分で考え、解決する方法を自ら見つけていくという学習を大切にしています。それは、将来、子どもたちが社会で役立つ力は、単なる知識を覚えたり、やり方を覚えたりというものではないという信念を持っているからです。子どもたちが大人になったときに「使える力」の習得を目指すガウディアの学びは、まさに今の日本が目指す教育改革を先取りしているものだと言えるでしょう。 ちなみに、2020年より実施される新学習指導要領の内容も、しっかりガウディアの教材は網羅したカリキュラムとなっています。

塾の事業スタイルにあわせて

現在経営されている塾の事業スタイルに合わせて、ガウディアの導入をご検討いただけます。
また、ガウディアのスタッフが貴塾の現状、環境、ご要望をお聞きした上で、最適な導入提案をさせていただくことも可能です。

既存の学習塾に併設

幼児~小学生コースの再検討をしてみませんか?
ガウディアは、幼児~小学生コースとして、教材、指導法、教室運営、集客方法を、研修つきのパッケージで提供します。貴塾の幼児~小学生コースの充実と集客に寄与いたします。
幼児~小学生コースは、
囲い込みだけでいいと思っていませんか?
小学生までのコースは、中学生の囲い込みと割り切って運営している塾も多いかと思います。とはいえ、できれば幼児~小学生コースでの採算で、もう一つの柱を立てたいところ。ガウディアがお手伝いします。
自立型指導教室を導入してみませんか?
現在、集団授業、個別指導で、幼児~小学生コースを実施している塾も多いのではないでしょうか。囲い込みとしての多人数の集客、人件費などの採算を考えたとき、少ない人件費で多人数指導が可能な自立型指導教室も選択肢のひとつ。ガウディアはこのノウハウを提供します。
幼児の集客はうまくいっていますか?
生まれ月などから個人差が大きく表れる幼児。ガウディアでは、最新の幼児教材を用意し、能力別指導を実施することにより、すべての保護者のニーズを取り込むことが可能です。

【収支例】 A塾開室 6年目

会員数 650人 月 収 6,435,000円(税別)
教 室 約30校舎の中の複数校で教室を運営。

中学受験につながる層の獲得をと、小1~小2の子どもたちを囲い込みを目指して始めたのですが、ガウディアが目指している『使える力』の習得が受験にも生きる能力であり、また、異なる学年の子どもたちが一緒に勉強することの大切さなど、思った以上の効果があると感じています

開室までの流れ

塾の事業スタイルにあわせて

低学年の集客と、学びの土台を培う学習効果。
ガウディアの意義と可能性を実感しています。

当初は、低学年の囲い込みという集客の戦略からスタート

ガウディアは、今、日能研関東教室での在籍数がまもなく1000名に届こうとしているところです。ほぼ全教室に入っています。弊社は中学受験の進学塾で、小学3年生からが対象です。幼児、低学年からの学力育成と集客の両面での戦略を考えて導入したのが、そもそもの始まりでした。やってみると、ねらいとしていた集客面の効果はもちろんですが、学力面の方でも、思っていた以上の効果があるなと感じています。


加盟塾募集へ申し込み

お問い合わせフォームに必要情報を入力の上、お問い合わせください。担当者より折り返しご連絡いたします。

株式会社ガウディア